ヨーロッパ100名城【ホッホスターヴィッツ城】

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

[広告]

今日は娘が先に帰国するので私の一人旅になります。目的地は百名城のホッホスターヴィッツ城です。ここはウィーンから300Km弱の所にあるお城です。片道3時間強かかります。

高速道路を頑張って走ります。昔から車好きな私にとってはいいドライブです!

高速道路をおりてしばらく一般道を走るとお城が見えてきました。モンサンミッシェルのような雰囲気です。

このお城は1570~1586年に建てられケーフェンヒュラー男爵家の所有だそうです。

上から棒が垂れ下がっています。ここもオーストリア特有のケーブルカーがあるようです。安心しました。

チケット売り場では歩いて登るのか聞かれましたが「NO」です。

入口を入るとなんか様子が違うので聞いてみたところ。登山用の道でした。

お土産店の陰にケーブルカー(と思っていたらこちらの方はエレベーターとおっしゃっていました)乗り場がありました。

エレベータです。

急こう配を上ります!

景色がいいです!

上に着きました!お城の独特の雰囲気がいいです!

テラスレストランもあっていいです!早くウィーンに帰りたいので我慢です。

お城の見学を終えて下りです。ジェットコースターのようです。

帰り道に一般道でスピード違反で捕まってしまいました。対向車線でお巡りさんが手招きをしているのでUターンをして聞きにいったらスピード違反だといわれました。

ヨーロッパはだいたい田舎道から市街地に入ると50km/hに減速しなくてはならないのですがすこしオーバーしていたそうです。金額を見ると支払いは20ユーロです。ネットで調べると20ユーロは10km/h以下のようでした。スピード違反には変わらないので認めたところ、その場で20ユーロ払えばよい方式でした。。ありがたいのかな・・・?どっかの銀行で払い込むよりもよかったです。

【ご参考資料】詳細はご自身でご確認をお願いいたします。

青枠の町の入口の看板があります。ここで50㎞/h未満に速度を落とします。

写真では分かりずらいのですがヨーロッパでのレンタカーではメーター表示のところの自分の速度(この場合は自分の速度43㎞/h)の上に制限速度の50㎞/hの赤丸表示があります)

車線が街を出るサインになるのでここを越えてから70㎞(場合によっては100㎞)に回復させます

これはおそらく自動速度取締機です(対向車線の取り締まりなのでこちらにはカメラがないのだと思います)

これが街に入ると結構な確率でありました。日本のように『自動速度取締機設置路線』との親切な看板はありません・・・ほかの国(ヨーロッパ)では背後から撮影する所もあります。

途中のサービスエリアに寄りました。

店内はこんな感じです。

メニューは何が書いているかがわからないのでgoogle翻訳のお世話になりました。

結構おいしかったです!

一人でリッツカールトンに宿泊するのはもったいないので、本日から二泊は『コートヤード バイマリオット ヴィエナプラータ メッセ』に宿泊します!入口はわかりやすいのですが方向音痴の私は隣の敷地に必死に停めようとしていました。

地下の駐車場で枠が狭かったです・・

入口はこんな感じ・・わかりやすいですね・・

フロントです!清潔感があります・・

部屋は赤丸の結構広いお部屋です。

ビジネスホテルをイメージしていたのですが一人にしては勿体ないくらいの広いお部屋です。

今日はここでゆっくりします!では次回をお楽しみに!

   [HOME]

[広告]
Plaiaden プレイアーデン 犬用ウェットフード 200g×6缶 各種【ドイツ牛/ドイツ豚/チキン/七面鳥/野うさぎ/ドイツ鱒】【100%有機 100%Wild 100%Natur】