飛行機でリッツ・カールトン大阪1泊の旅(御翔印)

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

[広告]

JALが御翔印帳を販売して、御朱印、スタンプの大好きな我が家が買わないはずがありません。まんまとやられた感じですが楽しみます!御翔印は空港の売店等で購入です。御翔印帳を発売した頃は対象空港が少なくて残念に思っていたのですが今は増えています。

我が家の息子たち(トイプードル)のお泊まりお預かりの練習をかねて何かあったら直ぐに戻れるように近いところで大阪に行くことにしました。

羽田の国内線の駐車場はいつもほぼ満車で待つことになるので時間に余裕がないと厳しいです。今回は待つことなく屋上階の屋根のない6階にギリギリ駐車できました。

一番下の12時30分発の大阪伊丹行きです。

まずは羽田空港から手荷物検査を過ぎて正面のBlue Skyでご翔印を購入しました!

第一番です。なんかうれしい!!JALの罠にはまった感じです!!

ちょうどお昼なので搭乗前にランチをいただくことにしました。

お店はカウンターですが満員でもお好みでオーダーして裏にあるテーブルでいただくことができます。

たくさん美味しくいただきました。

まだ時間に余裕があったのでラウンジで休憩します。

[広告] ふるなび

駐機場や滑走路を見ていると飽きないです。

skyticketプレミアム

直前の予約でしたがエコノミーで3人並びの席がとれました。非常口シートで足元はゆったりです。

CAさんより非常時のお手伝いについてお話がありました。

隣にはさくらジンベエが見えました!かわいい✨

羽田から伊丹は近いので飛んですぐに浜松が見えたと思ったら10分で大阪の街が見えてきました。

[広告] skyticketプレミアム

到着して制限エリア外に出る前に伊丹空港の御翔印を忘れずに買っておきました。伊丹空港の御翔印は今のところ制限エリア内でのみの販売です。他の空港でも制限エリア内のみのところがありますので外に出てしまうと買えませんので片道のみの場合などは注意が必要です!

第二番です。順番は全く考えていませんでしたが順番通りに揃えることができて嬉しいです!無事に今回の最重要課題を終えることができました。タクシーでホテルに向かいます!リッツ・カールトン大阪です。

いつもはオンラインで予約をするのですが今回は3人なので確実にエキストラベッドを用意して欲しかったためマリオットヴォンボイに電話で予約しました。プラチナの特典でエキストラベッドの用意はしてもらえますがオンラインでは確実ではないと記載があったためです。

タクシーが到着したところのドアマンからフロントまできびきびと連携して動きが素晴らしくフロントスタッフもとても感じがよかったです。14時少し過ぎたところでしたがチェックインできました。

希望通りエキストラベッドちゃんといれてくれていました。部屋は29階です。でも窓の外にはセミ❗

外は東京よりは暑くなかったです。東京が異常に暑いのではないかと思いました!

バスタブあり、きれいな色のバスソルトも3つうれしいです。ベッドサイドにはBOSEがあり音質の良さに娘は感激していました。

少し休憩してからロビーラウンジにお茶をいただきに行きました。

ケーキセットにしました。ケーキはどれもきれいで美味しそう❗お茶の種類もたくさんありおかわりできるとのことでした。

ピアノの生演奏を聞きながら美味しいケーキをいただいてゆっくり。

すでに16時を過ぎてしまいました。15時からのUSJのチケットを購入していますが前日海外から帰国した主人は時差ぼけもありピアノの生演奏聞きながらゆっくりしてると言うので娘と二人でUSJに向かいます!

自動販売機を見て気分が上がります❗目の前にはピンヒールの人がいました。パークを歩くのにピンヒールでスゴイ!

入口付近で手荷物検査を受けて入場!まずはショップにいきカチューシャと手に持つクッキーモンスターのぬいぐるみを買いにいきます!汗だくにならないうちに写真を撮ろうと頑張りました❗

ミニオンかわいいです。まわりには疲れきって通りに座り込んでいる人がたくさん!

チケットの購入が直前でしたので行きたかったマリオエリアのエクスプレスパスは売り切れでした。

マリオエリアの抽選です〰️とキャストの声が聞こえて来たので抽選券をとってからハリー・ポッターエリアにいきました。バタービールには行列ができています。かき氷は食べたいけどバタービールは甘すぎるかな~と思いながらアトラクションの入口を見ると40分待ちくらいでしたのでならぶことにしました。暑いけど屋根があるのでそれほど辛くはなかったです。ずいぶん前に乗ったのでどういう感じだったか忘れていた結果…やられました。。ホウキに乗って飛んでいる設定なのでずっと浮いていて胃が揺れる感じです。私はダメなやつです。乗って1秒後くらいからずっと目をつむっていましたが辛い~見たいけど目が開けられない~

やっと終わって外に出てもまだ胃が揺れてる感じです。娘は楽しかったようでよかったです。とりあえず休憩したい!

ジョーズの近くでかき氷とジュースを買いフラフラな私のために娘が座れるところを探して外国の方々と相席させてもらいました。

ゆっくり氷を食べていたら落ち着いてきました。危なかった。そして思い出しました。USJのハリー・ポッターとミニオンのアトラクションは私は苦手だと言うことを。思い出すのが遅いですね。

マリオエリアの抽選は外れてしまいました。残念です。またの機会に❗

くるくる回る系アトラクションは無理だと娘に伝えたところ次はジェラシックパークにしよう!でした。ならんではいますがそれほど待たずに乗れました。最後に落ちるところで水をかぶるやつです。かなりかぶるのであらかじめカッパをかぶって用意してる人もいます。ボートのフロントとサイドの人はびしょびしょです。私たちは運良く真ん中で腕で頭をガードしたのであまり濡れませんでしたが横に座っていた外国の方がびしょびしょで大喜びしてました。ボートの足下も座るところもはじめから濡れているし座るところを靴で移動して汚れているので洋服は汚れます。要注意です。

ジェラシックパークを出るともう暗くなっていました。

マリオエリアからも人がたくさん出てきます。受付終了の看板でてました。終るの早い。

この夏で終了してしまうスパイダーマンとか写真を撮ったりしていたら20時近くなり飲食店がみんなしまっていることに気がつきました。もしかして閉園?夕食はパークでは食べれないのか。

急いでお土産ショップにいきます。閉園間際のショップは大混雑!どこも同じですね。どれもかわいいのでみなさんお会計の金額がスゴイ!

ホテルに戻ります。使用しなかった主人のチケットは90日以内であれば窓口で変更可能と言うことでした。おなかがすきました。21時前には着きそうです。ホテルのレストランに行けるかな。

[広告]

ホテルの部屋では時差ぼけの主人が寝てました。

レストランを確認すると21時ラストオーダーとか…残念。ルームサービスすることにしました。

ルームサービスメニューをみると。。。ルームサービスもディナーメニューが終わっています。せめて22時くらいまでディナーメニューおいてほしいです。。。残念。。。部屋でゆっくりしたいので外に食べに行く気にもならず主人はハンバーガーとおにぎり、娘はミックスサンド、私はシーザーサラダにしました。

飲み物はジンジャーエールです。美味しかったです。

この日はちょうど入籍記念日でした。チェックインのときに話していたのでホテルからプレゼントをいただきました。

盛りだくさんの1日でぐっすり休むことができました。

朝食をビュッフェでいただくつもりがゆっくりしすぎてもうすぐお昼の時間になってしまいました。朝ご飯はパスです。12時にチェックアウトしてからホテルのレストランでランチすることにしてフロントにイタリアンの予約をお願いしました。

ロビーでレストランの予約時間まで少し待ちます。時差ぼけの主人をロビーにおいてギフトショップで美味しそうなお菓子とお留守番の息子たち(トイプードル)にアヒルのおもちゃを買いました。

イタリアンはメインをメニューから選び後はビュッフェです。満席でした。

どのお料理も美味しくいただいてデザートとコーヒーでゆっくりしていたらスタッフが「何かイベントですか?」と声をかけてきました。入籍記念日だったことを伝えるとシェフ特製ドリンクをプレゼントしてくれました。

帰るときにはリッツカールトン大阪のチョコチップクッキーもプレゼントしてくれました。1泊でしたがゆっくりできたうえにホテルのスタッフのおかげで思い出に残る滞在になりました。機会があればまた来たいと思えたホテルの一つです。

帰りも羽田まで飛行機です。ホテルから伊丹空港にタクシーで向かいます。御翔印のことを考えて関空から羽田にしようかと思いましたが時間が合わなかったため関空はまたのお楽しみにします。

帰りはクラスJを予約済です。短距離ですが隣と密着シートではないので気分的にもゆったり。足元も広々です。

機体に不具合が見つかり処置のために出発が遅れるアナウンスがありました。羽田到着後はかわいい息子たち(トイプードル)を迎えに行きます。時間に余裕をもってはいますがは20時までに行かなければならないのであまり遅れると間に合いません。国内線でも飛行機は時間通りに飛ばないことはわかっていますがあとの予定があると困りますね。この日は40分ほどの遅れで出発し無事にお迎えにも間に合いました。お昼に東京出発の1泊でUSJも楽しみホテルもゆっくりできて楽しい旅でした。

[HOME

[広告] Brandear(ブランディア)